ピッキングによる鍵開け行為の対策|大阪・東京・神奈川・愛知ほか全国に出張する鍵屋

鍵を紛失した時は鍵屋にお任せ!
鍵交換・鍵開け・鍵作成は鍵屋にお任せください 鍵の出張依頼 全国受付

受付時間(朝8時~夜24時) 携帯電話からもお問い合わせ可能

ピッキングによる鍵開け行為の対策

10年前ほどに流行ったピッキング被害、もし自分の家が狙われたら怖いですよね?そこでピッキングによる鍵開け行為の対策についてご紹介いたします。

最近では皆さんの防犯意識が高まり、またピッキングが出来ないシリンダーが普及してきた今では、ピッキングによる不正な鍵開け行為は全盛期と比べると0.7%まで減少しました。

まだ古い鍵やピッキング対策を行っていない場合は、ぜひ実践してみてください。

ピッキングをする泥棒

ピッキングに強い最新の鍵へ交換する

泥棒が使う手口のひとつに「ピッキング」という行為があります。特殊な専用工具を用いて、鍵穴を壊さずに開錠できる方法で、鍵屋であれば基本的にピッキング開錠の技術を習得しているでしょう。

この開錠技術を悪用しているのが泥棒・空き巣で、旧型のディスクシリンダー・ピンシリンダーが玄関用の鍵として主流だった頃に多くの空き巣被害が出ていました。

現行品の玄関用シリンダーへ交換された方、最新の鍵がすでに取り付けられている方はピッキング被害の心配は無いでしょう。ですが、鍵を長い間交換していない場合や、賃貸物件・中古物件などでも鍵が古いままの場合があります。今一度、現在取り付けられている鍵の種類を確認してみてください。

ピッキング被害全盛期は29,000件、現在は52件!

平成12年度のピッキング用具を使った住宅対象の侵入窃盗被害件数(警視庁調べ)は、29,211件。
これをピークに年々減少し、平成13年では19,568件、平成15年では9,351件・・・、平成25年では52件!

なぜここまで減少したの?

ここまで減少に転じた理由はピッキングが出来る鍵穴が減った事です。
それまで一般的であったピッキングに弱いディスクシリンダーから、対策が施されたロータリーディスクシリンダーが価格差もわずかで発売され、また年々各メーカーが防犯性の高いシリンダーを発売していき、現行品では鍵屋も無傷で開錠する事は大変難しくなっている状況です。

まとめ ピッキングによる鍵開け対策は?

まずは現行品のシリンダーへと交換する事。または鍵を増設しましょう。

鍵穴タイプのもの、カードキータイプ、暗証番号で開けるタイプ(補助錠)、などがあります。

賃貸住宅などで勝手に鍵を替えられないこともあるかと思いますので、そんな時には扉に穴をあけないタイプの補助錠を取り付けてみてはいかがでしょうか。
緊急時には大家さんが出入りできるようにしておく必要があるので、出来ればやはり大家さんと相談をして鍵穴を交換することが一番です。

最新記事

カテゴリー