役目を終えた金庫の処分 鍵を開けて廃棄します|鍵屋は鍵猿|大阪・東京・神奈川・愛知ほか全国に出張する鍵屋

鍵を紛失した時は鍵屋にお任せ!
鍵交換・鍵開け・鍵作成は鍵屋にお任せください 鍵の出張依頼 全国受付

受付時間(朝8時~夜24時) 携帯電話からもお問い合わせ可能

役目を終えた金庫の処分

金庫の処分

金庫にも寿命がある!

金庫は、貴重品や現金、権利証などといった大切なものを守るために非常に丈夫につくられています。そのため、1台をこの先ずっと使っていくことができると思われがちですが、金庫にも寿命があります。

金庫の主な性能として耐火性能があります。この耐火性能は、耐火材の中に含まれる水分が気化することで火災時に金庫内の温度を下げ、中身を守る仕組みになっていますが、寿命である20年までのうちに水分がどんどん抜けていきます。そうすると、耐火性能が落ちていき本来の性能は発揮されなくなるのです。

また、時が経つにつれて金庫が劣化していき、長年放置すると扉に隙間ができてしまって防犯性能が低下したり、ダイヤルや鍵穴に異常が出て扉を開けられなくなるといった問題が発生することがあります。そのため、金庫を定期的に新品と交換することがとても重要となります。

役目を終えた金庫はどうするの?

耐火性能がなくなってしまっても、作りは丈夫ですので物入れとして使用しても良いでしょう。

金庫を新調した後に悩みどころとなるのが、役目を終えた古い金庫の処分です。

まず考えられるのは粗大ごみとしての処分ですが、金庫は特殊な素材が使用されていることから、多くの自治体は処分を行っていません。
一方、不用品の回収を行っている民間業者だと、ところによっては回収に応じてくれる可能性があります。

ただし、金庫が「開いている」状態でなければ廃棄ができませんので、もし鍵が開いている状態であれば、処分する場合はまずは自宅のある地域で営業している回収民間業者に相談してみましょう。

金庫が開いていない場合は鍵屋へ

家庭用・業務用の金庫も、弊社では「鍵開け」に対応しています。捨てたい金庫があるけど鍵が開いていない、遺品整理の際に見つかった金庫で開けるための鍵が見つからずダイヤルの番号もわからないといった状況もお任せください。

鍵開けをご依頼頂いた際、あわせて金庫の廃棄依頼(別途廃棄費用を見積り)も行っていますのでどうぞお気軽にご相談ください。※一部地域によっては対応していない場合があります。お電話にてご確認ください。

最新記事

カテゴリー